農業用語辞典 > 坪(歩)

坪(歩)

読み方:ツボ(ホ)

尺貫法による面積の単位。現在は一辺が6尺(1間)の正方形の面積と定義されており、それは約3.3平方メートルに相当する。同じ面積を歩(ぶ)とも言う。これは中国で生まれたもので、歩の別名として坪という名称ができたものである。一般には、耕地・林野の面積には歩が、家屋・敷地の面積には坪が使われていた。

古代中国の周代に、歩幅2歩分(右足を踏み出し、次に左足を踏み出した時の、起点から踏み出した左足までの長さ)を「歩」という長さの単位(身体尺)とした。その歩を一辺とする正方形の面積のことも「歩」と呼んだのが面積の単位「歩」の始まりである。このときの1歩(面積)は現在の歩よりも小さな面積であったが、後に6尺四方の面積と定められた。

明治時代に1尺=(10/33)メートルと定められたので、1坪=(10/33×6)2=約3.305785平方メートルとなる。 坪または歩は、尺貫法における面積の基本単位となっている。
1合 = 0.1坪
1勺 = 0.1合
1畝 = 30坪 = 約99.174平方メートル = 約1アール(a)
1反 = 10畝 = 約991.74平方メートル = 約10アール
1町 = 10反 = 約9917.4平方メートル = 約1ヘクタール(ha)

畝・反・町の値は1アール・10アール・1ヘクタールの値に非常に近いので、面積の単位についてはメートル法への移行はスムーズに行われた。

ただし、坪(歩)だけはメートル法できりの良い数字で表すことができない。そのため、不動産登記の表記においては、メートル法による面積に坪を併記して良いこととされている。また、1坪の面積は一般的に2畳の広さにあたる。