読み方:チョウ

尺貫法での長さ(距離)または面積の単位。長さの単位の町との区別のために町歩(ちょうぶ)と呼ぶこともある。1町の10分の1を反または段という。条里制においては、一辺の長さが1町の正方形の面積(1町が60歩なので3600歩)を1町(町歩)としていた。

太閤検地の際に3000歩(坪)を1町とした。メートル条約加入後の1891年に120ヘクタールを121町と定めた。すなわち1町は約0.9917ヘクタール(9917平方メートル)、1平方キロメートルは約100.83町となる。1町は1ヘクタールに非常に近い値であることから、日本においては面積の単位のメートル法への移行はスムーズに行われた。