農業用語辞典 > 中央卸売市場

中央卸売市場

読み方:チュウオウオロシウリイチバ

卸売市場法の規定に基づき設置される市場(いちば)の一区分。生鮮食料品等の流通及び消費上特に重要な都市及びその周辺の地域における生鮮食料品等の円滑な流通を確保するための生鮮食料品等の卸売の中核的拠点となるとともに、当該地域外の広域にわたる生鮮食料品等の流通の改善にも資するものとして、地方公共団体が農林水産大臣(農林水産省)の認可を受けて開設される卸売市場をいう(卸売市場法第2条)。

外部リンク

農林水産省 地産地消に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gijutu/tisan_tisyo/index.html