農業用語辞典 > 食品リサイクル法

食品リサイクル法

読み方:ショクヒンリサイクルホウ

正式名称は「食品循環資源の再利用等の促進に関する法律」。

食品循環資源の再生利用並びに食品廃棄物等の発生の抑制及び減量に関し基本的な事項を定めるとともに、食品関連事業者による食品循環資源の再生利用を促進するための措置を講ずることにより、食品に係る資源の有効な利用の確保及び食品に係る廃棄物の排出の抑制を図るとともに、食品の製造等の事業の健全な発展を促進し、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的としている法律。

2006年度までに、すべての食品関連事業で再利用などの実施率20%が目標となっている。