農業用語辞典 > 食品安全GAP

食品安全GAP

読み方:ショクヒンアンゼンジーエーピー

農業生産の現場でプロセスチェック方式による、農業生産の手法に関する基準。病原微生物や有害物質など、生産過程ごとに想定される安全な作物を作るための危害要因(ハザード)とそれに対応した措置をリストアップし、確実なリスク管理措置を実施し、内容を記録するという一連の取り組みを指す。農林水産省は2005年3月と4月にGAPの策定、普及マニュアルを発表した。