農業用語辞典 > 連作障害

連作障害

読み方:レンサクショウガイ

連作に起因する何らかの理由(主として土壌に関係する理由)により、次第に生育不良となっていく現象を、連作障害(れんさくしょうがい)という。連作障害のことを忌地、厭地、いや地(いずれも読みは「いやち」)ともいう(もとは連作障害が発生した土地を「いや地」と称した可能性があるが、現在では連作障害そのものを「いや地」と呼ぶ)。