農業用語辞典 > フードマイレージ

フードマイレージ

読み方:フードマイレージ

「食料の (=food) 輸送距離 (=mileage) 」という意味。輸入相手国別の食料輸入量重量×輸出国までの輸送距離(たとえばトン・キロメートル)をあらわす。 食品の生産地と消費地が近ければフード・マイレージは小さくなり、遠くから食料を運んでくると大きくなる。

1994年にイギリスの消費者運動家のティム・ラング Tim Lang 氏(ロンドン市立大学教授・食料政策)がフードマイル (food miles) として提唱した概念。日本では、農林水産省農林水産政策研究所(所長・篠原孝=当時)によって2001年に初めて導入され、その際の訳語に、総距離・道のりなどのニュアンスを含み、また航空会社等のサービスにより耳なじみのある「マイレージ」が採用された。

日本で広まるきっかけとなったのは、国内有機農業を振興してきた環境NGO・大地を守る会による「フードマイレージ・キャンペーン」。 単位はpoco(ポコ)。1poco=CO2 100g

外部リンク